デザイナーズリフォーム Awn[アウン]

#08多機能格子のある家へ。

  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。
  • 多機能格子のある家へ。

#08 多機能格子のある家へ。

診療所だったスペースをリビングにリフォームをするにあたり、南に面した道路を通行する人の視線を何とかしたい。ただ、普通のフェンスにはしたくない。この課題をクリアするための答えが「多機能格子」でした。緩やかに視線を防ぎつつ、明かりを通し、デザイン性のある特徴的な見た目となりました。

設計 一級建築士事務所 STYLE LAB
施工 Awn
主要構造 木造(2階建て)
床面積 63㎡
リフォーム費 1,200万円
リフォーム前

上の画像をタップすると拡大してご覧になれます。

リフォーム後

上の画像をタップすると拡大してご覧になれます。

上の画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

Before

Before

元診療所。リビングスペースにリフォームしたいものの、道路に面し、通行人の視線が悩み。

After

After

建物にマッチし、特徴的な多機能格子

お客様の声

母の存在を感じられる空間になりました。

素人なのであれこれと思うままに相談していましたが、ひとつひとつ丁寧に応えていただけたことに感謝しています。こうしたら、ああしたらと要望が膨れていく中で、予算とのバランスも上手にとっていただきました。何も知らない私でもリフォームできたことにほっとしています。劇的にリフォームができて満足しています。

Awn[アウン]トップ > 事例集 > 多機能格子のある家へ。

その他の事例を見る

天空のキッチン
たて糸とよこ糸が織りなす家
Bistro Le Cake
都市の隠れ家、もしくは秘密基地
STUDIO302
re-apartment/ojima3901
木心地の良い家
オープンキッチンのある家
YAWP! backpackers
紡ぐ家
光あふれる家族の場
記憶を残す2世帯リフォーム親子のほどよい距離感を
路地の佇まいを見せる、マンションリノベーション
木の香フラット
過去と対話して未来へ繋ぐ異文化が交差するスタジオ
家族の絆深まる和モダンの家
空間に溶け込む御影石の「家具」キッチン
「みどりや酒店」 立ち飲みワイン場のコミュニケーションスペース
くつろぎのあかりが奏でる モノトーン空間
本と暮らす、本一色の家。
ななめの壁で仕切る暮らし
「真ん中コア」がつくるニュートラルな生活空間
トットくんちのほっこりハウス
スカイツリーを一望する。 最上階のマンションリノベーション。
都心に住む。茶室のある 5階建ビルのリノベーション。
ホテルのような、明るく広い空間へ。
多機能格子のある家へ。
テラスをリビングにする家
R壁の内外
築50年の木造住宅がアートの映える2所帯住宅に変貌
素材と空間の違いを調和する「格子間仕切りの家」
和が馴染む生活空間
景色を楽しむくつろぎ空間
日々の変化を感じられる「移ろひの家」