デザイナーズリフォーム Awn[アウン]建築家とつくるリフォーム&リノベーション

STORY 01YAWP! backpackers

店舗リフォーム・リノベーション
  • 01 きっかけ

    世界中の旅人をもてなしたい
    バックパッカー用のドミトリーをつくる

    ご自身がバックパッカーとして世界を回った経験を持つお施主様。旅先でたくさんの優しさに触れ、「今度は世界から訪れる人たちをおもてなしする場を作りたい」との思いが募りました。立地にもこだわり、東京都内であり、かつ成田空港から近い絶妙な街・葛飾区高砂を選ばれました。1階が味わいのある個人経営の居酒屋で、外観も趣のある3階建て鉄骨造です。外観を生かしつつ、他にはないバックパッカー用のドミトリーを目指しました。

  • 02 依頼

    旅人を癒す空間で、
    ミッドセンチュリーの家具が映える内装

    デザインイメージを具現化できる施工会社を探しているうちにAwnのホームページが目に留まり、3社ほどにプラン依頼。その中でAwnのプランに最も魅力を感じてくださいました。Awnギャラリーにお越しの際には、世界中から訪れる旅人をもてなしたい!という夢をとても楽しそうに語っていらっしゃったのが印象的です。特に家具にはこだわりがあり、ミッドセンチュリーの家具が映える内装をというのが一つの大きなテーマでした。

  • 03 提案

    柱や長押、天井など既存部分を活かし、
    和と洋が溶け込む独特な雰囲気に

    外国のお客様にアピールできる内装を意識し、壁の配色などかなり特徴的なものを選択。古い建物ながら、その和の雰囲気に味わいがあり、外国の方に好まれることが予想されたので、天井や柱などをあえて残し、リフォーム部分と上手く調和させるプランとしました。また、宿泊施設としての許認可には制限がいくつもありました。当時、葛飾区で初めてのドミトリーということで、水回りの制約(トイレの数等)、面積制限、消防法など、クリアすべき課題を確認しながら都度ご提案させていただきました。

  • 04 完成

    こだわりの世界観を作ることができました

    プラン作成にじっくり時間をかけ、施工中もこまめに打ち合わせをし、細部まで作りこみました。タンスに使われていた扉は廃棄せず、再利用しました。ランダムに切って組み合せ、カウンターの側面装飾とすることで「古さと新しさの共存」が表現されています。お施主様の様々なアイディア、やりたいこと一つ一つに対し、建築家がその想いをくみ上げつつ、よりご納得いただけるご提案を都度提示することで満足度の高い仕上がりとなりました。

  • 05 宿泊施設の運営

    口コミで人気のドミトリー
    宿泊客がくつろげる新しい建物へ生まれ変わりました

    オープン当初は苦戦されたものの、宿泊したお客様の声が口コミサイトで広がり、稼働率はぐんぐんアップ。オーナー様の抜群のホスピタリティと相まって人気ドミトリーとしてリピーターが増えていきました。高砂の街に妙にマッチした宿泊施設として地域の方々にも認知されていきました。訪れた宿泊客の方々にも内装の良さ、くつろぎ感に高評価をいただいています。

関連事例

POLO HOUSE
ナチュラルでアナログな空間でデジタルな仕事
自然な仕上がりの庭
くつろぎの美容室
天空のキッチン
たて糸とよこ糸が織りなす家
Bistro Le Cake
都市の隠れ家、もしくは秘密基地
STUDIO302
re-apartment/ojima3901
木心地の良い家
オープンキッチンのある家
YAWP! backpackers
紡ぐ家
光あふれる家族の場
記憶を残す2世帯リフォーム親子のほどよい距離感を
路地の佇まいを見せる、マンションリノベーション
木の香フラット
過去と対話して未来へ繋ぐ異文化が交差するスタジオ
家族の絆深まる和モダンの家
空間に溶け込む御影石の「家具」キッチン
「みどりや酒店」 立ち飲みワイン場のコミュニケーションスペース
くつろぎのあかりが奏でる モノトーン空間
本と暮らす、本一色の家。
ななめの壁で仕切る暮らし
「真ん中コア」がつくるニュートラルな生活空間
トットくんちのほっこりハウス
スカイツリーを一望する。 最上階のマンションリノベーション。
都心に住む。茶室のある 5階建ビルのリノベーション。
ホテルのような、明るく広い空間へ。
多機能格子のある家へ。
テラスをリビングにする家
R壁の内外
築50年の木造住宅がアートの映える2所帯住宅に変貌
素材と空間の違いを調和する「格子間仕切りの家」
和が馴染む生活空間
景色を楽しむくつろぎ空間
日々の変化を感じられる「移ろひの家」
Awn 亀戸ギャラリー